顔の産毛処理でカミソリ負けした時は?


洗顔や化粧の時に、鏡でよくみると、顔全体に産毛があるのがわかるでしょう。

産毛なんて必要ないように思われがちですが、きちんと生える理由があるのです。

産毛が存在する理由をきちんと理解した上で、正しい処理方法を行うことが大事です。

よくカミソリで処理をしてカミソリ負けをおこしてしまうこともあるのです。

スポンサーリンク
kao-ubugeレクタングル大

産毛におけるトラブルは?

遠目に見れば、何も気にならない顔の産毛ですが、近くで見ると口のまわりやあごのラインなどに見える産毛が気になることと思います。

特に美肌や美白に気を付ける女性としては、不必要なむだ毛でしょう。

そして、顔全体の産毛を処理する方法として、一番簡単なのが「カミソリ」を使った処理方法でしょう。

費用も安く、いつでもすぐに処理できる手軽さはありますが、注意が必要です。

人によっては肌が弱い人もいるでしょう。

手軽にできるカミソリでの処理も、時には肌がカミソリ負けをしてしまう場合があります。

また、知らぬ間に皮膚に傷をつけていたり、皮膚の角質までそぎ落としてしまっていたりすることで、肌に炎症が起こることもあります。

カミソリ負けや炎症を起こしては、美肌を手に入れることからは程遠い結果になります。

産毛の意味を理解し、適切な処理をしよう

髪の毛は頭を保護し、そして保温の役割を果たしています。

また、鼻毛は息を吸う時に、塵やほこりを体内に入るのを阻止する役割があります。

体毛に存在する理由があるように、産毛にも理由があります。

そもそも産毛は、顔全体にある細く薄い毛のことをいい、先端にかけて細くなっているのが特徴です。

この産毛は、顔に風があたった時などに塵やほこりが直接つかないように顔全体を保護している他、女性にとって大敵でもあるシミ・ソバカスの原因ともなる紫外線から顔全体を守ってくれている役割もあるのです。

女優やモデルでは、長期的にみて顔全体にいい影響を与える産毛を処理しないという選択をする人もいるほどです。

そして、産毛を処理する頻度と方法にも注意をしましょう。

皮膚が弱い人では、カミソリ負けも起こりうる可能性があるため、まずは皮膚科に相談してみましょう。

また、カミソリで処理をする場合には、前後のケアをし、何度も同じ所を剃ることがないように注意をしましょう。

処理をする間隔にも注意が必要です。そう間をあけず処理をすることで、皮膚をさらに気づつけてしまうこともあるのです。

正しい知識をしった上で、最善の方法を探そう

たしかに、産毛がなくなることで顔全体が明るくみえたり、化粧ののりが良くなったりというメリットもあります。

ただ、いつもするのではなく、必要最低限におさえて処理をすることが大事になります。

スポンサーリンク
kao-ubugeレクタングル大
kao-ubugeレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする