顔の産毛処理は美白・美肌効果があるって本当?


化粧など鏡を見る機会が多い女性の多くは、産毛の存在に悩まされることが一度はあると思います。

産毛が濃くて悩んでいたり、産毛があることで顔全体が暗くみえたりと、必要ないのにと思い、脱毛をする人も多くいます。

かみそりなどを使えば、お金もかけず顔の産毛を脱毛することはできますが、そもそも産毛がある理由をきちんと理解した上で、どのように処理をするといいのかを考えてみましょう。

スポンサーリンク
kao-ubugeレクタングル大

顔の産毛は何故あるの?

体には様々な場所に体毛がありますが、それぞれ理由があります。

髪の毛は、頭や脳を守る役割の他にも、寒さから守るということも髪の毛がある理由です。

また、鼻毛は、空気を吸い込む際に、ちりやほこりを遮断する役割を持っています。

このように、体毛にはそれぞれ役割があります。

顔をよくみると、顔全体に柔らかい短い産毛があるでしょう。

ただ、この産毛に関しても、体毛が薄い人や濃い人がいるように体質によっても違いますし、肌の状況においても、目立つ人と目立たない人がいます。

しかし、産毛にもある理由があります。

顔を塵やほこりから守ってくれたり、保湿の役割もあります。

また、女性に特に知っておいてもらいたいことは、しみやそばかすの原因となる紫外線からも産毛は守ってくれる役割があるのです。
美白や美肌に気を付けている女優さんの中には、美白や美肌のために、産毛の処理はしない人も多くいるのです。

美肌や美白のためにできることは?

歳を重ねると、急に現れるシミに悩むことがあります。

しみはすぐに現れるのではなく、長年にわたって紫外線などを受けたことにより出てくることがあります。

そこで、一時の美肌や美白を得るために、顔の産毛の処理をするよりも、長い期間を考えれば産毛を処理しないことで得られる美肌もあるわけです。

顔の産毛の処理として、簡単な方法がかみそりを使った方法です。短時間で簡単に処理ができますが、やはりカミソリの刃を顔にあてることで、顔に傷ができたり、また知らぬ間に、角質までそり落としてしまっていることがあります。

小さな傷からばい菌がはいり、美白・美肌どころか肌に炎症が起こることも考えられます。

ただ、産毛がないことで化粧のノリがよくなったり、美白に見えるというメリットもあるため、本当に必要な時だけ最小限で処理をすることをおすすめします。

長いスパンで見肌をめざそう。

その時だけの美肌を手にいれるのではなく、長い期間で美肌を手に入れるためには、きちんと産毛がある理由を知った上で、処理の方法も考える必要があるでしょう。

肌に弱い人であれば、特に注意が必要ですので、皮膚科に相談されてもいいでしょう。

スポンサーリンク
kao-ubugeレクタングル大
kao-ubugeレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする