顔の産毛もムダ毛として永久脱毛

顔の産毛 (3)
顔の産毛処理には手を焼いている方がたくさんいらっしゃると思います。

抜いても、剃ってもすぐ生えてきてしまう顔の産毛。

いっそのこと要らないムダ毛なら、永久脱毛を検討することもおすすめです。

ここでは、顔の産毛の機能と、永久脱毛するならおすすめの方法をお伝えしようと思います。

スポンサーリンク
kao-ubugeレクタングル大

顔の産毛にはどんな機能があるの?

身体に生えている毛はそれぞれ機能があるとは言いますが、顔の産毛は生えていると印象が暗くなるばかりか、化粧ノリも悪くなるし、ニキビなどの原因にもなるので、ムダ毛としてほとんどの方が処理していると思います。

本来、顔の産毛は、寒さや風、埃などのゴミから身を守り、肌に紫外線を直接浴びるのを防ぐために生えています。

しかし、現代ともなればこれらの事は、服を着たり日焼け止めを塗ることで、日頃から皆さん対策をしていますよね。

もはや、産毛はなくても何の支障もきたさない、ムダ毛なのです。

だとすれば、美容のためにもムダ毛は一刻も早く処理することをおすすめします。

おすすめの永久脱毛方法

ムダ毛として産毛の永久脱毛をすると、費用は掛かりますがお手入れをしなくてよくなるので、格段に楽になることは間違いありません。

永久脱毛の方法としては、医療行為として美容外科で行われるレーザー脱毛と、エステサロンで行われるフラッシュ脱毛があります。

レーザー脱毛は、メラニン色素(毛の濃さ)に反応して、毛の発育を促す毛根の先の毛乳頭をレーザーで破壊する方法。

一方、フラッシュ脱毛は、毛の発育サイクルの「成長期」に合わせてIPL(インテンス・パルス・ライト)などの光を毛根に当てて毛の再生力を弱まらせる方法になるので何度かサロンに通う必要があります。

顔の産毛に関しては、毛が細く、メラニン色素も薄い場合が多いので、レーザー脱毛では十分な効果を得られないと感じる方が多いようなので、時間はかかりますが、フラッシュ脱毛のほうが、産毛には効果的と言えそうです。

フラッシュ脱毛は家庭でもできる

レーザー脱毛は医療機関でしかできませんが、フラッシュ脱毛であれば家庭用脱毛器も販売されています。

永久脱毛できるまで、何度もムダ毛の処理にサロンに通うのが面倒な方や、自宅で気軽に試してみたい方は、家庭用のものを使ってみるのもおすすめです。

いずれにせよ、脱毛をした後のお肌はかなり敏感になっています。

しっかり保湿などのお手入れをして、十分に肌を労わりながら行ってください。

スポンサーリンク
kao-ubugeレクタングル大
kao-ubugeレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする