顔の産毛は剃ると濃くなる?正しい処理方法とは

顔の産毛 (4)
皆さんは、顔の産毛処理はどうしているでしょうか?

剃ると濃くなるからと処理していない方も、反対に化粧ノリやニキビ予防にと処理している方も、それぞれ意見が分かれるところではあると思います。

顔の産毛は処理をすると本当に濃くなるのか?処理をするとしたらどのようにするのがいいのか、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
kao-ubugeレクタングル大

顔の産毛が濃くなると感じる理由

顔の産毛処理は、自分でカミソリで剃ったり毛抜きを使用している方が多いようです。

肌に刺激を与えると産毛が濃くなる、という噂も、実際に体感したという話もたくさんありますが、濃くなることに医学的な根拠はないようです。

産毛も毛ですから、毛は先に向かって細くなるよう生えています。

また、日本人の毛色は黒色です。

例えば、カミソリを使った処理だと、剃った断面が毛の太い箇所に当たるため、濃くなったように感じるのは、一時的に黒い部分が目立つことに原因があります。

濃くなったように感じないために正しい処理方法

サロンなどで施術を受けた場合はまだしも、自分で顔の産毛処理をした場合は、しっかりとしたアフターケアが大切です。
カミソリやシェーバーを使って剃るにしても、毛抜きや脱毛器で抜くにしても、処理をした後の肌はダメージを少なからずも受けているので、優しく労わって、正しいお手入れを行わなければなりません。

しっかりとぬるま湯で顔を洗い流して、化粧水などで保湿をし、毛穴を十分に引き締めてあげましょう。

毛穴が広がったままだと、黒ずみなどのトラブルだけではなく、そこから新しく多くの産毛が生えている印象になります。

正しいケア方法で美しい肌を手に入れて

顔の産毛を処理することで毛が濃くなるということは医学的には証明されていません。

正しくケアを行えば、心配はありません。

そうであるとすれば、肌色のトーンアップや化粧ノリの良さ、ニキビ予防など、産毛処理のメリットはいっぱいあります。
是非あなたも正しい方法で産毛処理を取り入れて、明るく美しい肌を手に入れてください。

スポンサーリンク
kao-ubugeレクタングル大
kao-ubugeレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする