ワックスを使用した顔の産毛処理はどんなものか?

顔の産毛 (3)
多くの女性の方は顔の産毛の処理を行っているかと思いますが、自分でカミソリを使って処理をしていると、2~3日ですぐ産毛が生えてきてしまって、手を焼いている方も結構いらっしゃるのではないでしょうか。

かと言って、高いお金を払って永久脱毛をするほどでもないし、何とかリーズナブルに効果が持続する方法はないものか…と考え、ワックス脱毛にたどり着く方もいると思います。

ここでは、ワックスで行う産毛処理について説明し、そのメリットとデメリットについてお話したいと思います。

スポンサーリンク
kao-ubugeレクタングル大

ワックス脱毛にはどんなものがあるの?

ワックスで行う産毛処理も、自分でできる方法と、サロンで施術してもらう方法と2通りあります。

自宅で行う場合は、ドラッグストアなどに行けば、シート状の顔専用のワックスシートが販売されてますので、手軽に始めることができます。

このとき、顔の皮膚は非常にデリケートですので、間違っても、からだ用の除毛クリームは買わないように注意してください。

これに対し、サロンではブラジリアンワックスで、塗って固まったらワックスを引き剥がす、ハードタイプが主流です。

プロの手で施術してもらうと、自分で処理する場合と違い、口まわりや眉間など細かい部分もきれいに処理をすることができ、古い角質も一緒に除去することができるので、つるつるすべすべな肌が2~3週間は持続できます。

ワックス脱毛のメリットとデメリット

ワックスで顔の産毛を脱毛するメリットは、以下の点が挙げられます。

・広い範囲を一気に処理することができる。

・毛根から産毛を引き抜くので、効果が2~3週間ほど持続する。

・古い角質も一緒に処理することができる。

・永久脱毛などに比べて安価に施術できる。

これに対して、デメリットは、

・剥がす際に痛みを伴う。

・永久脱毛ではないので、また産毛は生えてくる。

・埋没毛や毛穴の炎症がおきるおそれがある。

という点が挙げられます。

肌に負担をかけないならプロの手か剃るのがおすすめ

上記からみると、ワックスでの産毛処理は、つるすべなお肌を一定期間手に入れることは出来ますが、少なからずも肌にダメージを与えてしまいます。

自分で行うワックス商品の中には、剥がした後の肌の乾燥などを防ぐ保湿シートや、肌に優しいオーガニック成分を含んでいるものもありますが、ワックス脱毛をするのであれば、やはりアフターケアまでしっかりしてくれるプロに頼んだほうが安心でしょう。

また、自分で処理をするのなら多少手間を感じても、剃るほうが肌には安全と言えそうです。

スポンサーリンク
kao-ubugeレクタングル大
kao-ubugeレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする