ご存知ですか?糸を使う顔の産毛処理

顔の産毛 (4)
脚や腕などと違って、顔の産毛くらいならサロンに行かなくても大丈夫、と、ご自宅で自己処理をしている方が多いのではないでしょうか。

方法としては、カミソリで剃ったり、毛抜きや家庭用脱毛器を使っての処理が一般的かと思います。

しかし、自分でやる顔の産毛処理は、正しい方法で行わないと、かえって肌を痛めてしまい、トラブルの原因ともなりかねません。

でも、エステサロンや美容外科に通って永久脱毛するのはお金もかかるし…、とお悩みの方には、糸を使った「糸脱毛」という方法をおすすめします。

スポンサーリンク
kao-ubugeレクタングル大

糸脱毛とはどんな方法か?

糸脱毛は、台湾や中国などで古来より行われてきた伝統的な脱毛方法です。

複数の糸を使って、長かったり短かったり、太かったり細かったり、と様々な太さや長さの産毛をその糸に絡めて抜いていきます。

エステサロンや美容外科に通うよりリーズナブルな場合が多く、自己処理よりも肌への負担も少ないため、現在ではニューヨークでも糸脱毛の施術を行うサロンは増えています。

もちろん、日本のサロンで行われているものは、アフターケアまで含めて日本人の肌に合うようになっていますので、安心して受けることが可能です。

糸脱毛の特徴

糸脱毛は、毛根から産毛を抜くことになるので、カミソリで剃るよりも効果が持続し、脂栓も取り除けるので、顔の悩み、オイリー肌やニキビ肌の改善、毛穴の黒ずみの解消の効果が期待できます。

また、糸で顔表面を滑らせるように施術するため、肌のマッサージやピーリングもでき、マッサージで血行が良くなるので、乾燥肌の改善などにも効果があるようです。

しかし、一方で、糸脱毛は抜く際に痛みを伴う場合もありますし、永久脱毛ではないので、定期的にサロンに通う必要があります。

ニキビなどあまりに肌トラブルがひどい場合は、施術をする前にお断りをされるケースもあるようです。

一度は試してみる価値あり?自分の毛質・肌質と相談を

上記のように、糸脱毛は、糸を肌表面で滑らせることと痛みを伴う場合があるので、敏感肌の方や顔にニキビなどが現在出ている方、産毛が太い方は、控えたほうが良いかもしれません。

そのような悩みが少ない方にとっては、いきなり高額な美容外科やエステサロンに通うよりも安価に、効果も自己処理よりも長続きしますので、一度試してみる価値はあるのではないでしょうか。

自分のお肌とよく相談して、一番負担の少ない方法で産毛処理を行ってください。

スポンサーリンク
kao-ubugeレクタングル大
kao-ubugeレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする