顔の産毛が濃い女性は悩む前に処理を始めよう

顔の産毛 (4)
顔には紫外線から肌を守るために産毛が生えていますが、最近では男性のように太く濃い毛が生えて悩んでいる女性もすくなくないようです。

剃ると産毛が余計に濃くなるという話もありますが、そんなことはありません。

女性であれば、一刻も早く濃い産毛は処理して、きれいな肌を手に入れましょう。

ここでは、顔の産毛が濃い女性が処理をする際に注意すること、その方法を中心にご紹介します。

スポンサーリンク
kao-ubugeレクタングル大

肌に負担をかけない産毛処理の方法

顔の産毛が濃いからと言って毎日のようにただカミソリで剃っていては、お肌に傷がついてしまいます。

剃る手順としては、以下のようにするとお肌に負担が掛かりません。

①洗顔をして汚れやメイクをしっかり落としておく。

②蒸しタオルを用意して、1~2分ほど顔に当てて、肌を柔らかく、毛穴を広げておく。

③シェービングクリームや乳液を塗って顔の肌を保護し、毛流れに沿ってカミソリを滑らせ、産毛を剃っていく。

④剃り終わった後はぬるま湯で顔を洗い流し、化粧水、乳液でしっかり保湿をする。

処理をする際は2週に1回程度で十分です。

もしその間に太い毛が数本生えて目立つようであれば毛抜きで抜いて、その箇所を良く冷やし、炎症を起こさないようにしましょう。

産毛が濃い女性の方が処理をする際に注意してほしいこと

女性は生理の期間の前後でお肌の状態も大きく変わります。

特に生理中は、お肌が敏感になっていますので、産毛処理は控えましょう。

また、産毛を処理をした後も肌は非常に敏感です。

マッサージやピーリングなどは行わないようにし、紫外線も浴びないように気をつけましょう。

可能であれば化粧も1~2日はしないほうが良いです。

ほかには、毛が濃いからと言って深剃りしないように、カミソリは安全ガードが付いたものをおすすめします。

肌には必要な角質もあります。

それまで剃り落としてしまわないように正しい手順でお手入れをしましょう。

男性は女性の産毛を見ている!身だしなみとして処理をしましょう

女性であれば、透明感のあるトラブルのないきれいな肌に、誰しもが憧れると思います。

顔の産毛を処理することは、ニキビなどを防ぐこともでき、美容効果も高くなります。

男性から見て、間違っても産毛を見てドン引きされないよう、日頃からしっかりと気を配ってケアを行いましょう。

スポンサーリンク
kao-ubugeレクタングル大
kao-ubugeレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする