顔の産毛処理をすると男のように濃くなるの?


化粧をするため鏡を見る度に、産毛が気になっている人は多くいます。

やはり人と接する上で必ず顔を見られるということから、顔の産毛を処理する人は多くいます。

しかし、間違った処理をしたり、何度も処理をすることで肌を傷つけてしまっては元も子もありません。

また、男性はひげなど体毛が女性よりも多くあります。

顔の産毛を何度も処理するうちに、男性のように濃くなるのではないかという不安もあるでしょう。

産毛を含め正しい処理方法を考えておく必要があります。

スポンサーリンク
kao-ubugeレクタングル大

産毛がある意味って何?

産毛や体毛がある意味をきちんと理解しているでしょうか?

誰もが知っている例を出すと、鼻毛は、息を吸い込むにあたって塵やほこりなどを体内に入ることを防ぐ役割をしています。

このように産毛にも理由があります。

産毛の場合、ほこりなどが付くことを防ぐという以外にも、紫外線から顔を守るという役割もはたしているのです。

ただ、産毛が濃くなると、顔全体のトーンが暗くみえたり、化粧ののりが悪くなったりすることもあるため、女性にすると産毛は邪魔者になることがあるのです。

産毛を処理する際に、かみそりを使う場合が多いと思いますが、処理の回数を多くすると肌への負担もかかりますし、傷ができるというおそれもあります。

そして、処理をしすぎると男性のように濃くなるという理由は、産毛の断面によります。本来であれば、先にいくにつれて細くなっていく毛が、カミソリによって途中で切られることで、断面が目立つようになり、濃くなったように思うのです。

産毛は処理をしてもいいの?

産毛が存在する理由を考えると、処理をしないことにこしたことはありませんが、やはり、女性においては美肌でいたいと何歳になっても思うものでしょう。

ただ過度な処理や、処理後にケアをしないということは、男性のように濃くなるように感じたり、肌に傷をつけたりと逆効果になります。

必要最低限の産毛の処理以外に、内面からできることを考えましょう。

女性ホルモン・男性ホルモンという言葉は聞いたことがあると思いますが、体毛に関してはこのホルモンが影響をしています。

ホルモンバランスが崩れ、女性ホルモンが減少し、男性ホルモンが増えると体毛にしても影響があります。

そこで、女性ホルモンを生活面で増やすことも大事です。

ストレスをためないように、趣味や適度な運動も必要でしょう。

また、睡眠不足はホルモンの崩れ以外に、肌にもよくありません。

きちんと睡眠を確保し、食事の内容にも気を付けましょう。脂っこいものばかりではなく、和食中心や野菜の摂取などにも気を付けバランスよく食事をすることが大事です。

しっかりとした知識をもち、正しい処理をしよう

過度な処理をしたり、産毛の生え方とは逆方向にカミソリでそったり、アフターケアをしないなどをしていると、肌にもよくありません。

必要最低限で、正しく処理を行い、生活習慣を見直し内面から綺麗にすることも大事でしょう。

スポンサーリンク
kao-ubugeレクタングル大
kao-ubugeレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする